SEO とは

SEOは“Search Engine Optimization”の略で、ニホン語では“検索エンジン最適化”又は“サーチエンジン最適化”と訳されます。

SEOというのは、サーチエンジンの検索結論では、HPをより高い順に表示させることを目標として行なう取り組みのことをいいます。

サーチエンジンは登録されているWebページをキーワードに応じて表示しますが、その際の表示順はおのおののサーチエンジンがオリジナルの方式に従って決定しています。

この順が上に存在する方が検索エンジン応用者の目につきやすく、訪問者も増加するため、専門業者等ではイロイロな手並みや手法を用いて検索順を上げる試みを行っています。

それらの手並みや手法を総称してSEOといいます。

具体的なSEOの手法には、ターゲットにするキーワードの適切な選択や、ページ内でのキーワードの適切な応用、より多くのサイトにリンクしてもらうなどの手段が有ります。

検索からアクセス数を増やすための上の方表示の手法を突き詰めていくと、本質的な最適化施策だけでなく、上の方表示を実現するためだけの技能に行くつくことも有ります。

実は、こうした技能のことを一般にはブラックハットSEOと呼んでいます。

ブラックハットSEOというのは、検索エンジンを欺いてサイトの記載順を引き上げようとする手法で、悪く言えば偽装工作にあたります一方、検索者に重点を置いてサイトを改善する手法をホワイトハットSEOといいます。

高性能分析ツール・Googleアナリティクス

webページを立ち上げる以上は、アクセス数を増やす為の対策を行なうのは当然のことです。

インターネット上を探せば、フリーソフトだとしてもかなり役立つソフトが山ほどあり、Googleアナリティクスもその1つです。

売上げばっかりを気にかけてしまうと、本当の問題点や間接的な効力を見落としてしまいがちです。

コンテンツ製作や内部最適化を執行したら、その効力を測定することが大切で、SEOの効力を測定するには、CV数やトラフィック、検索順、獲得した被リンクを見ていくことが沢山かも知れません

Googleアナリティクスでは訪問者のトラフィックを分析し、アトリビューションシステムで広告効力を分析したり、訪問者やそのニーズを総合的に把握出来ます。

売り上げやコンバージョンの測定だけが Googleアナリティクスのシステムではございません、。

参照元レポートなどのツールを使えば、使い手がサイトにたどり着いた経緯やサイトの応用状況、アクセスに応用しているデバイスを特定出来ます

使い手が探しているものやお好みなものの特定も出来ます。

こうした情報からマーケティングやサイトのコンテンツをカスタマイズし、パフォーマンスの向上に繋げることが出来ます。

Googleアナリティクスは、0円で使えるたいへん高システムなWEBアクセス分析ツールですが、その反面、高システム・多システムな分、初心者には使いこなしていくのが大変なソフトとも言えます。

願わくは、アクセスUP対策やSEO対策に役立ててください。