SEO対策に有効なキーワードプランナー

SEOの為のキーワード選定や検索順調査に役立つツールとして、アドワーズ(Adwords)のキーワードプランナーが有ります。

キーワードプランナーは、キーワードの検索ボリュームを容易に調べることが出来るツールで、新しい検索ネットワークキャンペーンの製作や、既存のキャンペーンの見直しに役立つ0円のツールです、。

キーワードプランナーでは、サイトのキーワード選定は当然、コンテンツを追加する際の関連語などの抽出、新しいキーワードや広告グループの候補を探す等、色々な応用手法が有ります。

予想クリック数や推定コンバージョン数などの予測データを入力したケースでは、特定の入札単価や予算設定を基に、登録したキーワードでどのくらいの帰結を見込めるのか把握することが出来ます、。

こうした予測データは、入札単価や予算額を決める際にも参照になります。

キーワードプランナーは、一定段階はアドワーズに広告を出す際に、参照となる情報をGoogleが提供しているのですが、SEO対策を行なう為にキーワード選定を行なうケースではにもたいへん参照になる情報を獲得することが出来るので、扱い方によっては強力なSEOツールとなってきます。

何といっても、SEO対策で重大なのはキーワード選定となるので、このキーワードをより効力的に見つける為には、やはり検索ボリュームの調査は欠かかすこというのは出来ません。

そういった時、このキーワードプランナーを応用したケースではたいへん楽です。

内部SEO解析ツール

内部SEOというのは、サイトの内部構造や、htmlタグの要素を検索エンジンが認識し易いように最適化する作業の事を言います

使い手目線の質の高いコンテンツを創るこというのはSEOでは重大な要素ですが、そのコンテンツに内部SEOを行なう事で検索エンジンに認識されやすくなったり、検索順やトラフィックの改善に繋がります。

Googleは、サイトの記載順をサイトごとのSEO対策に対する評価で決めますが、その評価ポイントはたいへんいっぱいあって、200以上の指標をもとに順付けを行っています。

そのなかで最も重視されているのがコンテンツです。

言いかえると、Googleでは、使い手が満足する質の高いコンテンツが評価され、上の方映され易い傾向に存在するということです。

これらのことから、SEO対策としてはまず重大度の高い項目を内部対策し、あというのはコンテンツ製作に時間をかけるほうが効率的と言えます。

その重大度の高い項目を容易にSEOをおこなえるツールとしておススメなのがSEO Composerです。

SEO Composerは誰だとしても容易に内部SEO対策を行なうことを可能にしたWindows上で動作するソフトウェアで、集客したいURLと上の方表示させたいキーワードを入力して解析を行なうだけで、SEO上もっとも重大な項目を解析し適切なSEOアドバイスを表示してくれます

そのアドバイスに沿ってHPを修正することによって時間をかけずに内部SEO対策が可能になります。