SEOの考え方

SEOは、“Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)”の頭言葉を取ったもので、世間一般的には、ある特定の検索エンジンを対象として、検索結論でより上の方に登場るようにHPを書き換えること、またはその手並みのこと、と定義されています。

つまりは、GoogleやYahoo!などの検索結論ページで、より多くのページを上の方表示させて、より多くの検索使い手を獲得するための一連の施策のことです。

近年では多くの専門業者が、コンバージョンの獲得とブランドの浸透を目標として、SEOに取り組んでいると言われています。

検索使い手が検索してきた時に、最高の答え及び価値を提供していることだと認識している人間は、検索エンジンに上の方映されるべきとおもわれるような高品質のページを創り上げることに情熱を燃やします。

こういったかんがえ方を持っている人間の方が、上の方映された時に、遥かに質の高いコンバージョンとポジティブなブランド認知を獲得することが出来ます。

ですが、SEOを検索エンジンを攻略するための術としか認識していない人間は、結局、上の方表示を実現するためだけの技能に磨きをかけることに情熱を燃やし、検索使い手にとって価値のないページだとしても技能によって無理やり上の方表示させようとします。

こみたいに、SEOに熱心でその技能に磨きをかければかけるほど、検索使い手も検索エンジンもみるみる離れていき、最終的に、多くのアクセスが集まるようにはなったが、全くコンバージョンが生まれないであるとか、HPのアクセス数がみるみる下がっていくという結論をもたらします。

Google Search Console(サーチコンソール)

Google Search Console(サーチコンソール)は、2015年5月20日に、それまでの“Googleウェブマスターツール”という名前から変更をしました。

サーチコンソールというのは、Googleが0円提供している高システムサイト解析サービスで、これを応用することによって、検索での見え方、検索トラフィック、Googleインデックス、クロール、セキュリティ、スパム等あらゆる見地からサイト管理でき、パフォーマンス向上に役立てることが出来ます。

Googleアナリティクスはインストールしていても、このサーチコンソールは何が出来るのかよく分からないからという理由で使用していない方も沢山のではないかとおもわれますが、サーチコンソールでは検索結論の表示回数やそのクリック数や率といったアナリティクスというのは異なる解析を行なうため、SEO対策には必須となるツールの一つとかんがえられます。

サーチコンソールではたいへんいっぱいのことが出来るのですが、なかだとしても、Googleからのペナルティの通知を受け取ったり、新しく作ったコンテンツを出来るだけ急いでインデックスされるようにリクエストすることができたり、被リンクを把握することが出来ます。

より一層は、ページ単位でキーワードの表示回数やクリック数を確かめたり、クローラーの巡回頻度を確かめることができたり、外部サイトからのバックリンク確認システムも有ります。

こみたいに、サーチコンソールに登録したケースではたいへん多くのメリットが受けられ、SEO対策を効率的に進めることが出来ます。