Googleアルゴリズム

SEOの市場でよく耳にするアルゴリズムというのは、”検索エンジンのアルゴリズム”の事を指しており、使い手のキーワード検索に対して、数千~数万あるサイトの検索順を自動で決めるための計算手法(プログラム)のことをいいます。

このアルゴリズムによって、コンテンツの順が決定し、検索結論のページに映されるわけです。

つまりは、どのコンテンツが、おのおののキーワードで検索する人に最も役立つのかを判断して、どのページを上の方表示させるべきかを決めているのがアルゴリズムです。

Googleは、検索する人が求めている情報に最も合致しているページのなかで、実に上の方映されるべき良質なコンテンツが検索上の方になるように、数々の情報を計算して、アルゴリズムを組み立てています

検索順を決定するための指標は200以上もあって、コンテンツの質や情報量の多さ、サイトの鮮度(日々コンテンツが追加・更新されているか)、オリジナル性・信頼性のあるコンテンツかどうか、或いは、コンテンツの読みやすさ等が挙げられます。

Googleのアルゴリズムは日々UPデートが繰り返されています。

このUPデートがある度に、検索結論に映されるコンテンツは順変動を起こすので、日々順が入れ替わることになります。

これによって、過去ではスタンダードなSEO施策であっても、近年では逆に減点評価を受ける施策もしばしば有ります。

アルゴリズムの隙間をついて無理矢理上の方表示をさせようとする行為はブラックハットSEOになるので、早速にペナルティを受けることになります、。

Page Analytics(by Google)

自分のブログページやwebサイトを持っている人の場合は、当然Googleアナリティクスをインストールしているとおもわれますが、しかし高システムであるがゆえに扱い方が複雑であったりして、あまり使いこなせていない方も沢山のではないでしょうか。

そういった方には、ワンクリックでwebページを解析出来るツールが有ります。

Googleが提供しているChromeの拡張システムで、インストールする事によって、ブラウザで対象ページを閲覧しながら、手がるにページ単位の分析を行なう事が出来ます。

それが、Page Analytics(by Google)です。

Chromeで自分のブログやwebサイトにアクセスしてツールをクリックするだけで、PV数や平均滞在時間、直帰率や離脱率、より一層は、ブログページやwebサイトのリアルタイムアクセス数が分かります。

標準では全部のセッション数が映されますが、セグメントを選択したケースでは、検索流入数やモバイル端末でのアクセス数を表示してくれます、。

セグメント別で容易にPV数やら直帰率や平均滞在時間等を知ることも出来ます。

このツールの最も楽なところは、ページ内の何処がクリックされたかが一目で分かることで、何%クリックされているか等が分かります。

あというのは何処のリンクがクリックされたかが分かるので、それを参照にサイト内のデザインの変更をしたり、あまりクリックされていないコンテンツを外す判断を下すときに役立てることが出来ます。