無線LANの規格(IEEE 802.11)

無線LANの機材は、無線局の免許が必要なものと、不必要なものとが有ります。

前回、主な規格としてご紹介いたしましたIEEE 802.11は、免許が不要なものですので広く普及しています。

1997年、IEEEで初めに規格統一された無線LAN規格がこれですのです。

読み方は、英語のケース、“I triple E eight O two dot eleven(アイ トリプル イー エイト オー ツー ドット イレブン)”と読み、ニッポンでは、“はちまるに てん いちいち”と呼ぶことが沢山やうです。

少し専門的なお話になりますが、IEEE 802.11は、主に物理レイヤ規格とMACレイヤ規格から構成されています。

特徴といたしましては、一つのMACレイヤ規格で数多くの物理レイヤ規格を支援してくれます。

2.4GHz帯の無線だけでなく、赤外線の物理レイヤも支援する規格です、。

具体的に言いますと、物理レイヤとして、スペクトラム拡散の内、直接拡散方式のものや周波数ホッピング方式のもの、赤外線方式のものの3種別が規定されています。

伝送速度は、物理レイヤでの理論値1M、2Mbpsを実現しています。

MACレイヤにつきましては、CSMA/CA (Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance) 方式を用いているのが特徴でしょう。

CSMA/CA方式と言いますのは“Listen Before Talk”方式と申しまして、直訳いたしますと“話す前に聴け”という原理に基づいたアクセス制御方式のことです。

わかりやすく言いなおせば、自身がパケット信号を送信しようと思ったケース、まず、アンテナによって他の装置がパケット信号を出していないかどうかを、確かめてから送信する・・・という、たいへん単純な機構を採用したアクセス制御方式ですのです。

Wi-Fiについて


近頃、たいへんよく耳にいたします“Wi-Fi(ワイファイ)”ですが、これにつきましては、昔にも軽く触れさせていただきました。

Wi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)によって、無線LAN機材間における相互接続性を認証されたことを示すネーム、若しくはブランド名のことでしたね。

正確に申しますと違うのですが、無線LANのことをWi-Fiと呼ぶケースも多々あるやうです。

ちなみにワイファイ アライアンスと言いますのは、米国合衆国に本拠を置く市場団体のことを言います。

本日は、このWi-Fiに関しましてもう少々、詳しいご解説をしたいとおもいます。

前回、お話いたしました通信規格の“IEEE 802.11”ですが、これを活用した無線機材間の相互接続性等につきまして、Wi-Fi Allianceによって認定された機材にはWi-Fiのロゴの活用が許可されることになっています

近頃では、当初より予定されていましたモバイルコンピューティング機材(メモ帳パーソナル・コンピューターやネット本等)のLAN(ローカルスポットネットワーク)だけでなく、PSPですとか、ニンテンドーDS等といった携帯ゲーム機や、パーキングエリアSサービスエリアGE DUPLE等のVoIP採用携帯電話、デジタルカメラ、音楽プレーヤー等の家電生産品にも採用されるようになりました。

より一層、安全性を向上させるための高度道路交通システムや、モバイル通信、統計情報の収集等を支援する為に、ハイ・スピード道路内では、自動車がWi-Fiを活用出来るようにするための新たな標準規格を開発中だということです。

Wi-Fiの利を対象としてつきましては、“公衆無線LANというのは”の記事でご紹介いたしましたように、空港や駅、ホテル、ファーストフードストアー等で可能となっています。

そして、そんな立地の事を、無線LANスポット、ホットスポット等と呼んでいます。