無線LANのデメリット(2)

無線LANのデメリットに対して、本日も引き続き、お話してゆこうとおもいます。

どんなことだとしてもみたいですが、メリットだけというこというのはめったにございません。

メリットだけを見てオーダーしてしまうのは、たいへんリスクなことだとしても有ります

あらかじめ、メリットもデメリットもきちんと知ったうえで、それだとしてもあったら嬉しい・・・と思ってオーダーするのが賢い選択だとおもいます

現実、無線LANにつきましても、デメリットも有りますが、それだとしてもメリットのほうが大きいので、みなさん導入しているわけですのでね。

さて、セキュリティ以外のデメリットというと、何か想像つきますか。

それは、通信の不安定さです。

無線・・・つまり電波で通信するわけですので、電波が届きにくい立地ですと通信が不安定になってしまうのです。

チャットをしている時、加えて、スカイプでお話をしているとき等に、突然、通信が途切れることも有ります、。

ムービーを見ている時等には、そのムービーがいきなりコマ送り有り様になってしまったり、止まったまま動かなくなることすら有ります。

無線で通信したケースではいうのは、そんな不便さがあるのですね。

ですが、電波の届き具合が良い立地であるのなら、そんな問題もなく、スムーズに通信することが出来ます。

スムーズに通信出来るものの、やはり有線に比べれば、通信速度が遅いですので、大ファイル等のやり取りには時間がかかるというデメリットも有りますね。

初心者のかたは、設定をしないといけないということで、手間がかかり敷居が高く感覚ることもあるでしょう、。

だけど、それもだんだん容易になってきているので、それほどの心配はいりませんよ。

無線LAN搭載のデジタルカメラ


近頃では
、デジタルカメラにも無線LANが採用されるようになりました。

昔にも、当ブログ内で、そのお話に軽くふれたことが有りますが、この度はより一層詳しくご解説いたしましょう。

言いますのも、以後、無線LAN採用のデジタルカメラの需要が、増加するのではないかと言われているからです、。

近年、カメラといえば、携帯電話に付属しているカメラも含め、殆んどのかたがデジタルカメラを活用しています。

デジタルカメラを活用していれば、直ぐにパーソナル・コンピューター等の電子機材に写真を取り込むことも出来ますし、直接プリンターに取り込んでプリントすることも出来ます。

友人や知人に直ぐに見せてあげることや、送ってあげることも出来ますから、実に楽ですのです、。

そういったデジタルカメラに無線LANが採用されることで、より一層楽になるのは、容易に想像がつきますでしょう。

シャッターチャンスで望み通りの写真を撮ったのち、そばに無線LANスポットさえあれば、直ぐにオンラインアルバム等に送信することが出来るのですね。

オンラインアルバムというのは、オンライン上に自分自身のアルバムを持つようなものですので、そのアルバムのURLをおしえてあげることで、どなただとしてもアクセスし、写真を見ることが可能となってきます。

ですので、友人知人の一人一人に写真を送る必要もなく、たいへん楽ですのです。

デジタルカメラの無線LANシステムを活用して、そこへ写真を送れば、殆んどリアルタイムで見ることも出来るのです。

外国からの写真だとしても同じです。

需要が増加するのも分かる気がしますね。