海外旅行先での無線LAN(2)

前回は、外国旅行先だとしても無線LANを活用して、自分のパーソナル・コンピューターでインターネットが出来るというお話でしたが、如何でしょうかでしたか。

あなたも、次回の外国旅行にパーソナル・コンピューター持参で出かけようとおもいましたか。

ところで、外国で無線LANが使えるのは楽で良いことだけれども、どみたいにして使えば良いのかが分からない・・・ニッポンと同じように使えるものなのかどうか・・・その辺が心配になってきますよね。

本日は、そのあたりのお話をしてみたいとおもいます。

一番良い方式は、ニッポン国内では無線LANを行っているプロバイダと契約し、その会社が外国でのローミングサービスで提携している外国のプロバイダのアクセスポイントを使用するという方式だとおもいます。

このケースには、ニッポン国内での契約が必要ですが、ニッポン語ですので、多かれ少なかれ面倒なだけで契約はどなただとしても出来るでしょう。

もしも、旅行先が一カ所の国に限定されているのでしたら、滞在する国のプロバイダと直接契約したケースではいう方式も有ります。

旅行期間だけですので、料金もお安くすむでしょう

ただし、当然英語なり現場語が出来るかたじゃないと難しいかも知れませんね。

ニッポンだとしてもみたいですのですが、外国におきましても、まだ完全に0円の無線LANスポットというのはおもいのほかわずかです。

飲食ストアー等では、飲み物やフードをオーダーするかわりに、無線LANはただで活用しても良いですよ・・・というところが沢山ですね。

あくまだとしても、今の時点でのお話ですので、以後は完全に0円のところも増加してゆくかも知れません。

海外旅行先での無線LAN(3)


引き続きこの度も
、外国旅行先での無線LANに対してお話させていただきます。

ニッポン国内で無線LANをしていますと、たまに電波が不安定になる等して、ムービーが観がたくなったり、チャットが途切れたりして不便に感覚ることもたまに有りますが、外国旅行で出かける国によっては、もっと酷い有り様のところがいっぱい有ります。

決して、ニッポンと同様の有り様を想像しないほうが良いですね。

当然、欧米等の先進国と呼ばれるような国々であるのなら、それほど心配はいりません。

ですが、発展途上国や後進国と言われているスポットの無線LANは、気をつけなくてはなりません。

頻繁に電波が途切れる有り様であったり、通信のスピードが恐ろしく鈍い有り様というのだとしても、まだ良い方で、停電ばっかりしていたりする国では、まったく使い物にならないでしょう。

それだとしても、まだ無線LANが活用出来るだけマシとも言えるかも知れません。

まだまだ、まったく活用出来ない国は沢山です。

使えるとすることで、高級ホテルのみ・・・という国が沢山とおもいます。

そのあたりをかんがえて、自分のパーソナル・コンピューターを持参するべきかどうか、よくかんがえたほうが良いとおもいます

近頃は、発展途上国や後進国のローコストなホテルだとしても、インターネットが出来るコーナーというのを設けるところが増加しています。

情報集めやニッポンへの連絡くらいでしたら、そんな共有のパーソナル・コンピューターで十分ではないでしょうか。

発展途上国や後進国であっても、インターネットカフェなら、街中に存在するところが沢山ですので、あというのは、自分のパーソナル・コンピューターじゃないと駄目なのか、そんな共有のパーソナル・コンピューターだとしても良いのか・・・という選択になるでしょう、。