公衆無線LANで使用できる機器

前回のWi-Fiの記事の中だとしても触れましたが、近頃、無線LANに繋げるものというのが、パーソナル・コンピューターだけというのは限らなくなってきました

ひと昔前まででしたら、無線LANと言いますと明らかにパーソナル・コンピューター用語でしたし、無線LANと聴きますと直ぐにパーソナル・コンピューターと結び付けるのが通例であったとおもいます。

公衆無線LANが設備されてきた近頃になって、やっと無線LANはパーソナル・コンピューターだけのものではないという認識が広まりつつ有ります。

それだとしてもまだ多くのかたがたにとっては、無線LAN=パーソナル・コンピューターという図式になっているかも知れません。

時代は、猛スピードで進行していますから、その辺の図式もみるみるチェンジさせてゆく必要が有ります。

近年、公衆無線LANを活用出来る機材は、パーソナル・コンピューターの他にもPDAですとか、近頃トレンドりのスマホ等もみたいですね

このくらいならまだ自然のような感覚がしますが、より一層進行してデジタルカメラも無線LANに繋げることが出来ます。

録画したばっかりの写真をそのまま、インターネット上のアルバムに送ったり、デジタルフォトフレームに送ったりして、楽しめるようになったのです、。

こんなことが可能になると、外国旅行先の写真も、直ぐにニッポンのファミリーや友人たちのところへ届き、殆んどリアルタイムで見ることが出来ますよね。

PSPやニンテンドーDSのような携帯ゲーム機も無線LANに繋いで楽しむことが可能なようになりました、。

ゲーム機のケースには、無線LANを活用することによって、何処にいてもオンライン上の誰かとの対戦ゲームを楽しむことが出来るのです。

携帯音楽プレーヤーも無線LANに繋ぐことが出来るようになっていますから、もうお出掛け先だとしても退屈すること等あり得ませんね、。

無線LANのルーターについて


無線LANを行なおうと思った時に欠かせないものとして“ルーター”が有りますが、無線LAN自体を詳しく御存知ないかたにとりましては、このルーターも、よく分からないものだとおもいます。

本日は、ルーターに対して少しお話させてちょーだい

たいへん容易に結論から申しますと、ルーターというのは、所謂アクセスポイントの使命を果たすものというとわかり易いでしょうか。

数多く台のコンピューターを持つ小ぢんまりとした内輪のネットワークから、外側のネットワークへと橋渡しする機材のことを言います。

つまりは、ごファミリー内や、会社内のLANを、インターネットに繋げる装置ですのです。

似たような装置として“無線アクセスポイント”という装置も有ります

これは、無線LANで接続したいというクライアントの為に、無線LANと有線LANを相互変換してくれる装置ですのです。

アクセスポイントは、単に相互変換だけを行ないますから、有線クライアントであっても、無線クライアントであっても同じごファミリー内LANとして取り扱われることになります。

ルーターと、無線アクセスポイントの両方の使命を果たしてくれるのが、無線LANルーターということになりますから、近年、ルーター等を一台も持っていないごごファミリーでは、無線LANルーターが一台あると最良ではないでしょうか。

現実のストアー舗へ行きますと、無線アクセスポイントと比べると無線LANルーターのほうが、品揃えも良いですし、価格もお安く設定されています。

ですので、無線アクセスポイントの方がより良い装置だとかんちがいするかたもいらっしゃるやうですが、そういうわけではございません。

無線LANルーターのほうが楽で売れ行きが良いため、価格もお安く設定出来るのだとおもわれます。