全日本SEO協会

鈴木将司氏が代表を務める“一般社団法人 全ニホンSEO協会”という組織が有ります。

この法人の事業目標は、SEO(検索エンジン最適化)に関連する手法の研究、分析及び各種情報提供や、SEOに関連するソフトウェアの企画、開発及び市販製品並びにインストラクターの養成等で、オリジナルの検定を設けたり、資格取得者に認定コンサルタントという肩書を付すほか、SEOの専門家を育成するための講義も開催しています。

SEO対策講義は、東京、大阪、名古屋、福岡等全国各地で開催されており、SEO講義のほかWEB集客講義も有ります。

忙しくて講義を受講する時間の無い方や、地方在住で開催地に足を運ぶことが出来ない方の為に、SEO講義をビデオ講座として届けてもらうことも出来ます。

オンライン版はパーソナル・コンピュータだけでなく、スマホ、タブレットだとしても見ることが出来ます、。

認定SEOコンサルタント養成スクールでは、自社だけでなく、他社のSEO対策を達成に導く力のあるSEOコンサルタント養成を目指し、こちらも同様に通学コースと、ダウンロードラーニングコースとを設定しています。

どちらのコースも授業内容、講義時間数、提出課題数、授業料は全く同じですので、状況に合わせてどちらかを選択することが出来ます。

全ニホンSEO協会では会員制度をとっており、Aコース2800円(税抜き)、Bコース4900円(税抜き)、Cコース8000円(税抜き)の中から選択することができ、会員専門業者への最新SEO対策情報と効率化ソフトの提供を行っています、。

Googleアルゴリズムのアップデートを利用したSEO対策

GoogleアルゴリズムのUPデートを応用して検索順を上げることが出来ます。

アルゴリズムが順評価するポイントは、“Googleガイドライン”に沿ったもので、アルゴリズムは、出来るだけガイドラインに沿って検索順を決めようとします。

Googleガイドラインというのは、Googleが決めた“良いWebページと悪いWebページの定義”のようなもので、その内容は膨大です。

世間一般的なガイドラインとしては、Google がページを検出出来るよう支援する、サイトが Google に認識されるようにする、訪問者がページを応用し易いよう支援する等が挙げられます。

具体的には、コンテンツが潤沢なら良いページでわずかとよくない、であるとか、被リンクが沢山と良いページでわずかとよくない、であるとかいったものです。

こうしたガイドラインに沿って、コンテンツの潤沢なページやリンクの沢山ページが検索順の上の方に表示させるように、アルゴリズムは創られています。

ガイドラインで重視されるポイントとアルゴリズムで重視されるポイントは同じものとかんがえられるので、ガイドラインに沿ったサイトは、アルゴリズムからも評価されやすくなります。

そしてGoogleは常に、アルゴリズムをUPデートして精度を向上させようとしているので、ガイドライン通りにSEO対策するサイトは、UPデートでより一層適切に評価され、その結論順を上げることが多くなります。

こみたいに、アルゴリズムUPデートは、SEO対策の効力をより反映させるものと言えるでしょう。