コンテンツSEOとは

コンテンツSEOというのは、外部リンクに頼った従来のSEOから、質の高いオリジナルコンテンツを持続的に製作・追加することによって検索エンジンからの集客を行なう新しいWebマーケティング手法です。

リスティング広告というのは異なり、一度コンテンツを製作することによって持続的にサイトへの流入を稼ぐことが出来る集客手法としてトピックを集めています。

数年前までは、外部リンクを張り付るだけで上の方表示できていましたが、2013年Googleが導入したペンギンUPデートとパンダUPデートによって、外部リンクを金銭で買うブラックハットSEO手法や、他のサイトの記事を盗作したようなコピーコンテンツにペナルティが加えられるようになり状況は一変しました。

Googleのアルゴリズム変更を容易に解説したケースでは、作為的なページランクハンドリングや、質の低めのコンテンツに対してはペナルティを課すというもので、つまり以来のSEO対策ではは、外部リンクとサイト内部の両方で“質”の向上が求められるようになりました。

使い手に役立つコンテンツを創ることが重大です。

より使い手のニーズに最適な検索結論を表示する為に、Googleのアルゴリズムは200とも400種とも言われ、その膨大な順決定取り決めによって順が決められています。

以来は、Googleのアルゴリズムやガイドラインに沿ったホームぺージの運用を行なうという事が、持続的で尚且つ安定した集客をもたらすということが出来るのではないでしょうか。

SEOサービス会社の選び方

SEO対策は技能さえ覚えてしまえば比較的容易にでき、収益も大きいことから、IT系の会社が新たにSEO部門を設けたり、個人が独立する際にSEOサービス会社を設立したりすることが増加しています。

これによって、SEOサービス会社はここ数年で飛躍的に多くなっています。

その数多くある中からSEOサービス会社を選択するには、選択する基準が難しいところで、当然基本は料金と実績と言えますが、それ以外にも勘案しなければならない重大な点も多く、おのおののSEOサービス会社の特徴を知り比較検討することによって、SEOコンサル依頼を何処にすべきかを決定する必要が有ります。

例えば、大規模サイトの長期的なSEOコンサルティングなら、大手のSEOサービス業者の方が実績が潤沢であるが為に、比較的安心して任せられるとおもいます。

ただし、その分料金は高めで、大規模サイトになると月額で数百万円の見積もりもざらで、より一層追加メニューでコンテンツSEOの作製等を依頼したケースでは、合計1000万近い月額料金を払うことも有ります。

これに対して、低予算でSEOをやるなら中小の独立系SEOサービス会社をおススメします。

中小の独立系SEOサービス会社のSEOコンサルティングは緻密でしょう細なSEO分析や施策等をやる事はわずか代わりに、ライトなSEOで予算を抑えたいケースではには適しているとおもいます。

大手SEO会社と比べるとクライアントが中小専門業者の割合が沢山感想や感覚方を受けますが、独立系SEOサービス会社はたいへん多様であって、斬新なアイデアを持った若い会社が多く見られます。